シロヒゲオグロヌー

シロヒゲオグロヌー

学  名 Connochaetes taurinus albojubatus
英  名 Eastern White-bearded Wildebeest
分  布 ケニア南部・タンザニア北東部

特  徴

その名の通り、あごの下には長くて白い毛が生えています。
普段は数十頭から数百頭の群れで生活し、雨期にはオスが縄張りを作ります。
乾季になると水や草を求めて170万頭ほどにもなる大群を作り、シマウマなどと一緒に1500㎞という距離を大移動します。
2~5日ほどなら水を飲まずに生活ができてしまいます。