ホオジロカンムリヅル

ツル目 ツル科  和 名 ホオジロカンムリヅル

学  名 Balearica regulorum
英  名 South African Crowned Crane
分  布 ウガンダ及びケニアからモザンビーク北部まで、アンゴラ南部、ザンビア、モザンビーク以南のアフリカ東南部

特  徴

全長約96センチ。主として湿地にすむが、川の中州や岸でもよく見られます。西アフリカでは半家禽的に飼養され、畑の昆虫類や蛇を退治するのに役立っています。採食時には足踏みして、草むらのバッタなどの虫を追い出してとる習性があるためです。食性は植物食を主とした雑食で、時にはカエルや蛇、小魚、ネズミなども食べます。鳴き声は飛翔中にウォン、ウォンと聞こえる大声を出すほか、種々の声があります。