アンキロサウルス

アンキロサウルス

意  味 溶け合ったトカゲ
大きさ 10m(実物)、5m(展示物)
食べ物 植物
生きていた時代 中生代白亜紀後期 約7,400万 - 6,700万年

特  徴

全身が堅い装甲板でおおわれ、最大の武器は尾の先端の骨のこぶ。同時代に生きたティラノサウルスの襲撃にあっても、この棍棒のような尾を左右に振って防御したと考えられている。